FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいしげるの作り方

2010.07.27
DLsiteのゼロ魔本のレビューを書いて頂いた方、本当に有難うございます。
サークルで出した本がレビューされる。こんな日が来るなんて当時は夢にも思ってなかったです。
思い立ったあの時、頑張って1歩進んでみて本当に良かったです。感動してます、うぅ…。
なんか文章読むとものすごく嬉し恥ずかしで、あひゃぁ~って照れてしまいますw
次も頑張ります!有難うございました!

すみません、やっぱりあまりにもオナニーだったのでpixivの方は消しました。
おきて冷静になってなにくだらないことやってんだって思ってw
pixivに上げると反応多いから上げるのがついくせになっちゃってますね。反省です。
なんか地味に誘導とかして、恥かくだけだろっていうのに。テンションおかしくなってました。
ほんと失礼しました。お気に入りの数もへっちゃっいましたwそりゃそうだよ。

以下99回目記念記事です。長いししょーも無いので続きを読むで整理しました。
このふわっふわな、わけのわからないブログも何ともう99回目なんですって。
随分たくさんの恥かいて来ましたね。

私が生涯尊敬する人物は絵師さんを抜かしたら3人います。
その一人が99に因んだ人物なのですが、どうでもいいので割愛します。

う~んなんか99回目にちなんだ良いネタないかな~と思いながら、1日前に賞味期限が切れたハムを食べてたら急に思い出しました。
あ、あれ確か99年だ…。そういえば毎年チェックしてたけどここ5年ぐらいさぼってたなぁ…。
どうなったかな。

密封されたロースハムを放置するとどうなると思いますか?
ぐちょぐちょになると思いますか?しわしわになると思いますか?
私はカビたりして色がおかしくなると思ってました。

私がまだハムを放置することに興味があった時代に、戯れで作ったものです。
ほら!やっぱ99年だ。10年経つとこうなります。

P1000340.jpg
うわ、黒…。りんちゃんも引いちゃってます。
よく考えたら密封してあればカビようがないですもんねw
ハムじゃなくてもこうなるのかな。

P1000348.jpg
横から。見難いけどハムの層はまだありますね。

ていうか、確か1年放置したぐらいから何も変わってませんでしたw
これ酸化?なんですかね、石みたいにめちゃくちゃ硬いんですよ。
せっかくですし、もうこれ以上変化も無さそうですから開けてみましょうか。

P1000349.jpg
バリバリっやめてっ、って、げっ、ぎゃあああああああああああああああ!!!!
くっせえぇえぇぇええ!!けど嗅げる!目に染みるにゃ~。
あれだ、チョコパイってかウイスキーボンボンだ。あのチョコ臭さを70倍ぐらい濃厚にした匂いがします。
んぁ、やべ 吐きそう…。

手触りはすげーぬるぬるしてます。油が圧縮されて表面にでてきてます。

1枚剥ごうと思って格闘すること10分、真剣に気持ち悪くなってきたので心ごと折りました。

P1000351.jpg
あまりの異臭にミクさんも目が点に。
うーむ中の層は完全になくなっちゃってますね。

煮てみよ。

P1000353.jpg
にゃんにゃん特製酸化ハムのスープ。
お、ふやけて少し曲がるようになりました。
素手で剥いてみましたが、1枚ごとの分離は無理でした。火傷しました。

…もういいや、弄り様がないし捨てよ。
なんか思ったより普通でつまんなかったですw
この後スタッフがおいしく頂きました。

P1000356.jpg
いつも頼りになります。


おまけ、で、なんとなく擬人化?してみました。なんだこれw
更新の間を埋めるためにpixivにも上げたけどイミフで怒られるかなw
(追記:今は消しました)

ハム擬人化burogu  ハム擬人化
こんなの擬人化っていうのかな。擬人化のコツってなんだろう?なんでもいいのかなw

しょーも無い更新ですみませんでしたw
次の100回目のネタはもう前から決まってました。私の夢がまた一つ叶いましたという記事です。



以下デジカメ久々に触った記念の全然関係ないおまけです。

P1000309.jpg
「俺のりんに何か用か…。」
「マウス動かせないんで返してください。」
「私はシエル。すべての次元を消しそしてわたしも消えよう、永遠に!!」
ぬこの 法則が 乱れる!

P1000311.jpg
「ぎゃああ!」


おまけ2

P1000329.jpg
大慌てで真っ先に駆けつけた紫。が、幽々子様はもともと死んでるので実は何とも無かった。
黙って紫の人工呼吸を受ける幽々子様。
紫の優しく暖かい息が胸の奥を刺激し、目を瞑ったまま頬が紅く染まり恍惚の表情になっていく。
涎を光らせながらゆっくりと離した紫の唇に、発情した犬のように舌を出しながら思い切り吸い付きにいく幽々子様。
「んっ…ゆゆ、こっ、あんた、こらっ…んぁ」
「ちゅっ…ちゅ~~、うぅん、美味しっ♪」

よし、ご飯3杯いける。


P1000330.jpg
ちぇええぇぇんってあれ?藍様涙目。

P1000334.jpg
幽々子様それ食べ物じゃないです。


おしまい!

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。